養分な俺がスロプを目指すブログ

養分な俺がスロプを目指すブログ

40万PV突破!!!稼働日数月15日前後、京都のスロッカス。更新は20時半~21時、2日に1記事を目標に更新していきます。Twitter ID:@shinnopo_slot

MENU

【糞台】そろそろクソ台オブザイヤー2017について語ろうか(8月篇)【多すぎ】

スポンサーリンク

今年は新台打ってなさすぎるし、書けないよな~

と思いながら2017導入機種を調べたところ割と打っていたので今年もやります。7月篇につづいて8月篇です。

 

 

案の定年をまたいでしまいました。。。

もうこの企画自体忘れ去られているかもしれないけど、更新する気はあるので勝手に細々と続けていきます。

 

 

7月篇はこちら→ 

 

今年は昨年とは違って導入率や中古価格なども客観的な評価な指標として記載しておこうと思います。中古価格が暴落している、導入率が大幅に減っているなどあればユーザーから評価されなかったということになるので。

 

 

しぶとく打っていた人も、新基準機なんて打ってねえよって方も今後の参考にしていただければと思います。(もう設置すらないものがほとんどですが…)

8/7 政宗2(大都技研)  クソ台度 ★★★

f:id:shinnopo:20180107145142j:plain

稼動回数:4回(1勝3敗)

導入率:39.5%(3,730店舗)※導入当初約38%(約10,000台)

中古価格:987,880円(需要 有)

 

ART性能は5.5号機屈指!!

秀吉決戦という特化は3桁乗せ当たり前の爆発契機で出玉への期待感を持って打つことができます。

6択でART復帰やART当選、秀吉決戦引き戻しなど自力感があるのもいいポイントですね。

 

 

ただ、奥州BONUSですよ。20G間の擬似ボーナスですが、ARTへの道はBAR揃いからCZに突入させるか金7を狙え演出で6択を正解させることなんですが、

 

BAR揃いは1/153、金7揃いは1/1770

 

どう考えても無理な確率。。。

それでいて天井到達時もARTと奥州BONUSの振り分けは変わらず、天井到達→50枚(奥州BONUS)で涙をのんだ方も多いことでしょう。

 

 

一言でまとめると、

奥州BONUSさえなければ覇権をとれた台

だということです。

8/7 世界でいちばん強くなりたい!!(藤商事)  クソ台度 ★★★★☆

f:id:shinnopo:20180115195838j:plain

稼動回数:2回(0勝2敗)

導入率:13.4%(1,268店舗)※導入当初約14%(約3,000台)

中古価格:195,710円(需要 有)

 

なにからなにまで痛ぁ~い台

 

打ち手を馬鹿にする痛ぁ~い演出

いままでにない革命的に痛ぁ~い上乗せ(100痛ぁ~い=約6.5G)

打ち手の財布に痛ぁ~い出玉性能

 

 

最近は割と藤商事がんばってるなという印象をこの一台ですべてぶち壊しにしたすごい台です。

その割に需要有ということでこの値段で買いたいホールがあることに驚きです。。。

 

 

スポンサーリンク
 

8/21 仮面ライダーBLACK (京楽)  クソ台度 ★★★☆

f:id:shinnopo:20180115195959j:plain

稼動回数:3回(0勝3敗)

導入率:34.8%(3,271店舗)※導入当初約37%(約10,000台)

中古価格:184,980円(需要 中)

 

京楽にしてはおもしろい台を作ったなという印象です。

 

勝利期待度50%のバトルに勝利すれば

消化したゲーム数を丸乗せ

というぶっ壊れシステム。万枚達成者も続々と出ていますね。

 

 

2000Gや3000G乗せるバトルでの

レバーオンのひりつき感は5.5号機随一

 

とはいえ、楽しいポイントはここだけで通常時はもちろんART消化中も全く熱くなれるポイントもなく淡々と消化するのみ。

こういうところをみるとやっぱり京楽だなとなってしまいます。(抱き合わせ台なのでしかたないですが…)

8/28 織田信奈の野望(ディライト)  クソ台度 ★★★★

f:id:shinnopo:20180115201544j:plain

稼動回数:5回(1勝4敗)

導入率:8.1%(766店舗)※導入当初約8%(約2,000台)

中古価格:1,094,090円(需要 品薄)

 

パチンコで好評を博した版権ですが、

この台がなぜ100万まで高騰してしまったのか。。。

台数が少なく希少なのはわかります。

 

が、ディライトですよ???

 

そこまでの価値はありません、冷静になりましょう。ホール関係者のみなさま。

 

 

というわけですが、私の近くには2箇所で導入され何度か打ちましたが、まあ辛い。一度高設定示唆複数回確認の台を打ち切りましたが、2万5千負け。ARTはそこそこ入りますがほとんど駆け抜け100枚。

 

特化ゾーンの天下愛撫

でどれだけやれるかだけの台です。といってもコイン持ちも悪く、純増も1.6なのでやれる感は全くないですが。。。

 

ひとつ評価できるのは天井が500Gほどと浅く、何も知らない人のあとで拾えるという点のみですね。

総評 

ここに挙げた4機種に加え、ビッグタイトルではイノキと慶次が導入されましたが、2機種ともに評判は言わずもがな。。。

 

これだけひどい台しかないと大都の台が評価されてしまう流れにもうなずけます。

 

適当に版権を買って適当に作って適当に売りつける

メーカーは売ればおわりなのでホールや打ち手のことは考えてませんからね。

 

9月は5.5号機最後の駆け込み導入でなんと24機種も販売されます。

そのなかに評価に値する台があったのか。。。はたまた全てがクソだったのか。。。

 

次回→9月篇